CSRとは、企業が組織活動を行うにあたって担う『社会的責任』を指します。『社会的責任』とは、従業員や消費者・投資者・環境などへの配慮から、社会貢献までの幅広い内容に対して適切な意思決定を行う責任のことです。 各企業によって担うべき責任・役割・影響力は異なるため、企業ごとにそれぞれ課題を見つけ、自らCSRを作り上げていきます。 英語では「Corporate Social Responsibility(企業の社会的責任)」といい、この頭文字をとって『CSR』と呼びます。